円昭ビルは、昭和49年に建てられてから40年以上が経過し、ビル全体を全面的に見直すこととなりました。
建築、設計、耐震技術、省エネ、デザインなど、様々な分野の専門家の助言のもと、新築ではなくリノベーションを採用。
全面改修にあたり、既存のビルを活用した「円昭ビル耐震レトロフィット計画」がスタートしました。
レトロフィットとは、「Retroactive refit」を語源にした技術用語で、建物の施工後に修繕を行うことです。
また、今回の耐震改修をきっかけに災害時の対応も整備。
当ビルの収容人数分以上の非常食、水、発電機、燃料、簡易トイレ等を設置し、共有スペースを開放することで避難所としても利用できるようにしました。
こうして円昭ビルは、耐震工事だけでなく、デザインや照明、断熱、環境への配慮、働きやすいオフィス、セキュリティ対策、地域社会とのつながりなど、細部にこだわったビルに生まれ変わりました。

  1. 円昭ビルご紹介

  2. 円昭ビル鋼鉄製の看板

  3. 植栽④|エントランスと西側花壇

  4. 植栽③|デッキ部分

  5. 植栽②|円昭ビル入口の看板

  6. 植栽①|シンボルツリーはケヤキ

  7. オフィスエリアのカーペット

  8. 円昭ビル入室は通行手形で!

  9. 円昭ビル、二重サッシの秘密

  10. 応接室

  11. 円昭ビル耐震補強概要書

  12. 「円昭ビル耐震レトロフィット」竣工

  13. やっとネームプレートが付きました

  14. ヒノキのミーティングテーブル

  15. 円昭オフィスに新しいデスクを入れました

  16. 階段部分の目隠しパネル

  17. 100Vフラットコード

  18. 鋼鉄製の看板が届きました

  19. 1階エントランス、駐車場、駐輪場他のコンクリートの打設

  20. 1階駐車場の天井部分の断熱

  21. 1階の看板と鉄筋コンクリート耐震壁

  22. デッキ部分、バルコニーアウトドアスペースの防水工事

  23. 2階耐震ブレース工事

  24. 鉄骨搬入

さらに記事を表示する
PAGE TOP