円昭ビルご紹介

円昭ビルは、昭和49年に建てられてから40年以上が経過し、ビル全体を全面的に見直すこととなりました。
建築、設計、耐震技術、省エネ、デザインなど、様々な分野の専門家の助言のもと、新築ではなくリノベーションを採用。
全面改修にあたり、既存のビルを活用した「円昭ビル耐震レトロフィット計画」がスタートしました。
レトロフィットとは、「Retroactive refit」を語源にした技術用語で、建物の施工後に修繕を行うことです。
また、今回の耐震改修をきっかけに災害時の対応も整備。
当ビルの収容人数分以上の非常食、水、発電機、燃料、簡易トイレ等を設置し、共有スペースを開放することで避難所としても利用できるようにしました。
こうして円昭ビルは、耐震工事だけでなく、デザインや照明、断熱、環境への配慮、働きやすいオフィス、セキュリティ対策、地域社会とのつながりなど、細部にこだわったビルに生まれ変わりました。

外 観

以前は1階にレストランがありましたが、全て解体。駐車場スペースにして以前より収容台数を多く確保することにしました。

円昭ビルご案内-外観

円昭ビルご案内-外観

入口看板

円昭ビル入口の看板とインフォーメーションボードです。透明部分には、フロアガイドがあります。

円昭ビルご案内-インフォーメーション

インフォーメーションボードの反対側の鋼鉄製のネームプレートです。
塗装をぜずに赤サビを発生させ、その後、約1年間かけて黒サビで覆われたレトロ感と重厚感のあるネームプレートが完成しました。
「円昭ビル」のロゴタイプは、昭和49年当時のビルのままです。円昭ビルができた当初の物を何か残しておきたいという思いで、昔のロゴの採用となりました。

円昭ビルご案内-鋼鉄製の看板

オフィスエリア

円昭ビルご案内-オフィスエリア

円昭ビルご案内-オフィスエリア

円昭ビルご案内-オフィスエリア

会議室・応接室

円昭ビル2階の共用のミーティングルームです。
ミーティングテーブルはヒノキの板を三枚合わせて制作しました。800×3600とスリムなテーブルですが、最大12名で利用できます。
窓側の中央には大判のホワイトボードが設置してあります。

円昭ビルご案内-会議室

円昭ビルご案内-会議室

円昭ビルご案内-応接室

アウトドアエリア

4階のBBQコーナーです。20名程度のご利用が可能で、災害時には避難所としても使える工夫がしてあります。

円昭ビルご案内-アウトドアエリア

駐車場

円昭ビルご案内-駐車場

円昭ビルご案内-駐車場

玄 関

ビルのエントランスです。夜間休日は、IDカードがないと入れません。また各階のオフィスも、カードが必要です。また、このカードで出退勤の管理もできます。

円昭ビルご案内-エントランス

円昭ビル鋼鉄製の看板

関連記事

  1. アラミド巻きつけ

    アラミド繊維巻き付け工事

    円昭ビル耐震補強の核となるアラミド繊維(フィブラシート)を巻き付ける工事が始まりました。柱の下地…

  2. 庇のコンクリート打設中

    庇のコンクリート打設

    本日は、既設庇を撤去してからの、新しい庇のコンクリート打設をしています。今日の名古屋は、気温が31℃…

  3. 柱の墨付け

    コンクリート耐震壁の施工①墨付け作業

    コンクリート耐震壁を施工するための墨付け作業です。まるく囲んでいるところにアンカーを打ち込み、コンク…

  4. カフェエリアの天井配線ダクト

    カフェエリア①

    カフェエリアも一部フローリング貼りです。8月4日はまだこんな感じ▼天…

  5. 一階部分鉄筋コンクリートの耐震壁工事

    一階部分鉄筋コンクリートの耐震壁工事

    一階部分の鉄筋コンクリートの耐震壁工事が始まりました。既存の柱、梁に150箇所以上の穴を開け、鉄筋を…

  6. 円昭ビル竣工

    「円昭ビル耐震レトロフィット」竣工

    平成29年2月3日に円昭ビルの耐震補強工事及び内装リノベーション工事(円昭ビル耐震レトロフィット工事…

  7. 鉄骨ブレース取り付け

    今日の作業は、鉄骨のブレースを組み立て、柱と梁の空間に取付けて耐震補強します。…

  8. カフェエリア

    カフェエリア②

    カフェエリアの換気扇、上部床面と下地は終了です。ここからどう仕上がっていくか楽しみです。…

こんな記事も読まれています

  1. 円昭ビルご案内-外観
  2. 円昭ビルご案内-エントランス
  3. BBQコーナー
  4. 円昭ビルご案内-インフォーメーション
  5. シンボルツリー|欅|ケヤキ
PAGE TOP