第一期内装工事|経過②

第一期の内装工事。約一か月が経過し、内装が少しずつ見えてきました。

第一期内装工事|経過②

南面のサッシにガラスが入りました。これで、断熱効果も期待できます。
内側のサッシは全て閉じることが可能で、すりガラスの効果で外から柔らかい光が入ってきます。
また外部からの目隠し効果もあります。

第一期内装工事|経過②

南面のサッシ

庇の工事終了

ラック上で配線第一期内装工事|経過③

関連記事

  1. サッシ取り付け

    スラブ補正、耐震ブレース塗装、サッシの取り付け

    スラブの凹凸はセルフレベリング床材でフラットに補正していきます。耐震ブレースは、内装…

  2. 円昭オフィスのデスク

    円昭オフィスに新しいデスクを入れました

    2階の円昭オフィススペースも内装が終わり、今年8月より一時的に移動していた3階から2階に戻りました。…

  3. 1階駐車場の天井部断熱

    1階駐車場の天井部分の断熱

    1階駐車場の天井部分(2階の床下にあたるところ)に発泡ウレタンの断熱材を施工しました。これまでは…

  4. カフェエリアの天井配線ダクト

    カフェエリア①

    カフェエリアも一部フローリング貼りです。8月4日はまだこんな感じ▼天…

  5. オフィスエリアの照明/4F

    オフィスエリアの照明③

    4Fの照明取り付け工事の模様です。窓の木製建具との対比もばっ…

  6. オーク材のヘリンボーン床

    ミーティングルーム①

    今回の円昭ビルのリノベーションでは、共用のミーティングルームができます。ミーティングルームの床は、無…

  7. 円昭ビルご案内-外観

    円昭ビルご紹介

    円昭ビルは、昭和49年に建てられてから40年以上が経過し、ビル全体を全面的に見直すこととなりました。…

  8. 円昭ビル、二重サッシの秘密

    円昭ビル、二重サッシの秘密

    円昭ビル耐震レトロフィットでは、鉄骨のブレース(補強材)を隠すために南面の窓が二重になっています。…

こんな記事も読まれています

  1. 円昭ビル-AED
  2. 5階喫煙コーナー
  3. 円昭ビルご案内-外観
  4. 円昭ビルご案内-エントランス
  5. BBQコーナー
PAGE TOP