コンクリート中性化チェック

フェノールフタレイン溶液を噴霧して、コンクリートの中性化の進み具合をチェックしました。
フェノールフタレインは、アルカリ性に反応しますので、赤く変化した部分は正常を保っているといえます。

コンクリート中性化チェック

今回確認した箇所の反応を見ると、内部のコンクリートは問題ありませんが、外部に面するところは少々中性化が進んでいます。

コンクリート中性化チェック

コンクリートの中性化とは、二酸化炭素がコンクリートの酸化反応を引き起こし内部の鉄筋を腐食させてしまう現象で、中性化すると鉄筋が錆びやすくなるのですが、コンクリートが鉄筋に触れなければ中性化しても強度自体に問題はありません。
外壁などは、酸性雨によっても中性化が進行します。

コンクリート中性化チェック

コンクリート耐震壁コンクリート耐震壁の施工③

鉄骨ブレース搬入鉄骨ブレース搬入

関連記事

  1. 円昭ビルご案内-外観

    円昭ビルご紹介

    円昭ビルは、昭和49年に建てられてから40年以上が経過し、ビル全体を全面的に見直すこととなりました。…

  2. スラブ補修

    スラブ補修

    スラブの補修です。鉄筋の被りが浅く露出している箇所も補修します。…

  3. クラック補修

    クラック補修

    コンクリートのクラックに低圧でエポキシ樹脂を注入しています。注射器のような容器の中にエポキシを入れて…

  4. クラック補修完了

    クラック補修完了です

    先週末、コンクリート部分のクラックの補修をするためエポキシ樹脂の注入作業をしましたが、その補修作業が…

最近の記事

  1. 円昭ビル-AED
  2. 5階喫煙コーナー
  3. 円昭ビルご案内-外観
  4. 円昭ビルご案内-エントランス
PAGE TOP