アラミド繊維を施工の下地処理

本日の作業は、アラミド繊維を施工するための下地処理です。
刷毛で施工面の埃を取り除き、凹面や穴の空いたところにプライマー(下塗用の塗料)を塗布します。
速乾性のモルタルで施工面が平滑になるように処理します。

刷毛で施工面の埃を取り除きます

刷毛で施工面の埃を取り除きます
プライマー塗布

モルタル処理

アラミド巻きつけアラミド繊維巻き付け工事

柱の墨付けコンクリート耐震壁の施工①墨付け作業

関連記事

  1. コンクリートの耐震壁を施工

    コンクリート耐震壁の施工②

    鉄骨の耐震ブレース(補強材)を取り付けるために、柱と梁にアンカーを打ち込むための穴を開けます。一箇所…

  2. 鉄骨の搬入

    鉄骨搬入

    鉄骨の搬入です。どこに使用する鉄骨かは、またいずれご紹介します。…

  3. 1階の看板と鉄筋コンクリート耐震壁

    1階、アプローチの看板と、鉄筋コンクリート耐震壁の型枠が取れました。<アプローチの看板>…

  4. 5階喫煙コーナー

    円昭ビル改修前(2010年)と耐震レトロフィット工事後(2018…

    円昭ビル改修前(2010年)と耐震レトロフィット工事後(2018年)のデータ比較概略概要…

  5. 1階ピロティアラミド繊維補強

    第二期工事スタート

    いよいよ第二期工事が始まりました。1階、2階部分の解体工事です。床のコンクリートはほとんど取り除かれ…

  6. サッシ取り付け

    スラブ補正、耐震ブレース塗装、サッシの取り付け

    スラブの凹凸はセルフレベリング床材でフラットに補正していきます。耐震ブレースは、内装…

  7. 柱の墨付け

    コンクリート耐震壁の施工①墨付け作業

    コンクリート耐震壁を施工するための墨付け作業です。まるく囲んでいるところにアンカーを打ち込み、コンク…

  8. クラックをアラミドで補修

    クラックをアラミドで補修

    スラブに多くのクラックが見られるところにはアラミド繊維(フィブラシート)を貼り付けます。貼り付け…

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP