円昭ビルは、昭和49年に建てられてから40年以上が経過し、ビル全体を全面的に見直すこととなりました。
建築、設計、耐震技術、省エネ、デザインなど、様々な分野の専門家の助言のもと、新築ではなくリノベーションを採用。
全面改修にあたり、既存のビルを活用した「円昭ビル耐震レトロフィット計画」がスタートしました。
レトロフィットとは、「Retroactive refit」を語源にした技術用語で、建物の施工後に修繕を行うことです。
また、今回の耐震改修をきっかけに災害時の対応も整備。
当ビルの収容人数分以上の非常食、水、発電機、燃料、簡易トイレ等を設置し、共有スペースを開放することで避難所としても利用できるようにしました。
こうして円昭ビルは、耐震工事だけでなく、デザインや照明、断熱、環境への配慮、働きやすいオフィス、セキュリティ対策、地域社会とのつながりなど、細部にこだわったビルに生まれ変わりました。

  1. 2階耐震ブレース工事

  2. 鉄骨搬入

  3. 1・2階の鉄骨、RC耐震壁施工スタート

  4. オフィスエリアの照明③

  5. 耐震壁の配筋ができあがりました

  6. 一階部分鉄筋コンクリートの耐震壁工事

  7. 第二期工事スタート

  8. オフィスエリアの照明②

  9. オフィスエリアの照明①

  10. 照明器具の取り付け金具を設置

  11. カフェエリア②

  12. 南面内側サッシの木製建具

  13. ミーティングルーム②

  14. バルコニーアウトドアスペース

  15. トイレ

  16. カフェエリア①

  17. ミーティングルーム①

  18. カフェエリア、応接コーナー

  19. トイレ

  20. 第一期内装工事|経過③

  21. 第一期内装工事|経過②

  22. 庇の工事終了

  23. バルコニーアウトドアスペース

  24. 第一期内装工事|経過①

さらに記事を表示する
PAGE TOP